各ページはリンクフリーです
かでんウナ
トップへ 検索 ご利用方法  ウィルコム&携帯・ウナ LOGIN  かでんウナ

高速通信LTE

 

小耳にクリップ

  New!
黒SIM・白SIM
高速通信LTE
電磁波の悪影響 SAR値とは?
ウィルコムスマホ専用プランとPHS回線 どれがお得?
もう一台無料キャンペーン 契約済み編


iPhone4SはSoftBankとAuどちらがおススメ?
SOFTBANK3G Ultra Speed と ウィルコム
PHSのデータ通信速度
 

 

ハードウェア


  E-MOBILEとXiはDocomoのサービス回線を使い、ハードウェアチップも他社製を使用
 しているようです。
  上記からサービスの性格上の共通点が多い。
  ハードウェアを自社生産・開発していないという点からこの二つのキャリアが提供
 する端末は用途が限られます。
  一つの例としては Wifi対応機種はPCと接続してUSBモデムとして使用することがで
 きません。
  これに対して SOFTBANK 4G はLTE対応をしていますが、元はWILLCOMの作成した国産
 の高速通信サービス XGPの改良型 AXGPです。端末は WILLCOMと親密な関係にあったSII
 が作成しています。(他には PORTUSというWILLCOM製のWifiルータ機能付きPHSも作成
 していますがこちらも同様の性質を持っています)
  そのため、独自バッテリとWifi機能を有しながら、USB接続時はWifiを停止してバッ
 テリ消費を押さえつつも PCの電源を消費せず、長時間USBモデムとして動作できます。
 (PORTUSは設定で同時にWifiも使えるようです)
  動作時間などの動的なスペック、組み合わせ的な使い方は Softbank4Gの 101SIが優
 れています。


料金プランは?


  同レベルの料金プランを見ると、E-MOBILEが低価格です。SOFTBANK 4Gは別途基本料
 など生じて分かりにくい料金形態です。(広告上の表示価格と完全に一致しない)
  Docomoは二つのプランがあり、若干高めです。少々プランが分かりにくくなっていま
 す。
  全体的にプランの組み立てに裏事情のないE-MOBILEが安心です。


適用期間


  2年縛りなどの期間縛りが発生するのはどのサービスも同じですが、Docomoは期間に
 依らず高額なプランを選択できるようです。


サービスエリア


  XiとSOFTBANK 4Gはまだまだ基地局の整備が進んでおらず、3G回線でバックアップし
 ながら運用しており、正味高速なエリアは限られます。
  E-MOBILEは 4Gエリアでは常に高速通信が保証されています。価格的には並んでいま
 すが、実使用では100% 4GのE-MOBILEがお得と言えます。
 SOFTBANK3G Ultra Speed と ウィルコムもどうぞ。

 

[ この記事は 2012/4/18 以前に作成されました ]



[ さらに詳しく ] 高速通信LTEを… [ ネットで検索 ] [ Yahoo!で検索 ]






 
 
  サイトのトップへ  ルチルのアイテム  検索 ご利用方法 ライブラリ ルチル リンク集  

参照元